和牛とよばれる牛は黒毛和種・褐毛和種・日本短角種・無角和種の4種類です。豊後牛はそのなかでも霜降りの入った柔らかい肉質で世界最高の肉用牛品種ともいわれる黒毛和種の血統です。
この和牛のなかより主に質のいい素牛を選択し通常より肥育期間を長くかけ濃厚配合飼料を与え育てた牛のことを銘柄牛(有名産地出身の和牛を産地の地名で呼ぶ)といい、豊後牛はこの銘柄牛になります。
肉牛の味を左右する肉質は、血統に大きく左右されます。特に父親である種雄牛の血統が重視されますが、大分県の種雄牛は、天皇賞や農林水産大臣賞を受賞するなど、全国的にも高い評価を受けています。また大分県では、「豊後牛肉」の更なる品質向上を目指し、優秀な種雄牛の選抜試験を行っています。
「血統」「品質」ともに全国トップレベルの「豊後牛肉」。 現在、そのまろやかでとろけるような舌触り、程良い甘みの肉質は全国でもトップレベルです。皆さん是非一度ご賞味下さい。

黒毛和牛の肉質は大変優れています。肉色は紅赤色で、細やかな霜降りがあるのが特徴です。また豊後牛は歩留まり等級(枝肉の重量に対する肉の割合)ではほとんどがAとなっており、肉の旨みとして重要な肉の色沢、しまり、きめ、脂肪の質、どれをとっても最高級品です。

大分県は古くから「豊の国」といわれ、富んだ地方でありました。数多くの幸をその緑豊かな自然、温暖な気候、肥えた台地が数多くの「幸」を生み出しています。
この雄大な自然が絶好の環境をつくり、豊後牛のその美味しさを支えています。
肉牛の味はその肉質を決定する血統にかかっています。豊後牛は天皇賞や農林水産大臣賞を受賞した、優秀な種雄牛の継承によりつくられました。
そのため全国的にも高い評価を受け、数多くの人の指示を最高級和牛として受けつづけています。
豊後牛は肉質を良くするため、飼育農家によって作られる良質の資料を与えられて肥育されています。
また、多くの名水をもつ大分の清らかな水を新鮮な状態でたっぷり飲み大切に育てられ、そのまろやかな脂肪を筋繊維の間に細かくふくみ極上の霜降り肉をつくりあげています。

大分県では、市場にでるすべての牛の飼料に『飼料給与証明書』が発行されています。
この証明書は、 牛に与える飼料の全ての成分を明記して証明するものです。大分県産の全ての牛の飼料は、大分県が徹底管理しています。
またJA全農大分県本部では、本物の黒毛和牛を安心して消費者の皆さんに食べていただくため豊後牛肉の生産履歴を証明する「豊後牛肉通行手形」を発行しています。
通行手形には
  出荷された豊後牛の名前、耳標番号、生年月日、生産者の名前、給与した飼料、食肉処理を行った場所、BSE検査を行った機関などが記載されています。

まるひでは厳選した黒毛和牛を大分から皆様にお届けいたします。